img-1

パソコンのデータのバックアップ方法について

パソコンのデータがもしなにかが原因で無くなってしまったどうすればいいと思いますか?そんな風にならないように前からバックアップをしておく必要があります。



バックアップは難しいものではありません。

とても簡単にやることができるので初心者やパソコンなどの機械関係にあまり詳しくない人でもできます。



方法はいくつかありますが今回は外付けHDDなどにデータをコピーする方法について紹介していきます。


まず、外付けHDDを買ってきます。



しかし、パソコンの容量より下のものを買ってしまうとバックアップのときに容量不足になってしまう場合があるので買うときには自分がこれからパソコンの容量をどのくらい使うかによって変わってくるので自分にあった容量を買うのがベストです。



最近の外付けHDDはUSB接続が可能なものがあるのでとても便利で使いやすいです。

手順としては外付けHDDをパソコンの方に接続をしてそのあとにパソコンの方のバックアップができる機能を利用していできます。



そのときに時間がかかりパソコンの容量が大きければ大きいほど時間がかかりますので気長に待ちます。


たったこのくらいの作業でパソコンのバックアップが終わります。



これでたとえパソコンの方に異常が起きてデータを消去することになったとしても外付けHDDの方からデータを復元するだけなので簡単に以前のパソコンと同じ状態になるので安心してパソコンのライフを遅れることだと思います。

関連リンク

img-2

バックアップの大切さを知る情報管理研修

ビジネスの現場では、パソコンを使いこなすことが仕事のスキルの一つとなっています。パソコンはビジネスマンにとって重要なツールとなり、パソコン無しでは書類作成やスタッフ同士のメール交換などを十分にこなすことができません。...

more
img-3

スマートフォンデータの確実なバックアップ

スマートフォンは、手放せない携帯電話として、利用者を増やしています。スマートフォンは、電話だけでなくスケジュール管理やゲームなど使い勝手がいい情報ツールです。...

more