img-1

バックアップの良い点と注意すること

バックアップとは、パソコンに保存している記録がパソコンの故障やウイルス感染などが理由で消えてしまってもすぐにデータを使えるようにするために、CDやUSBを使用して記録をコピーすることです。



ウイルス対策を事前にしたり、パソコンを大切に扱っていても誤って別のデータを上書きしたり、消してしまうこともあるので、バックアップは必要です。



データ消失対策ができる以外にも多くの記録を保存できるため、パソコンを持ち歩かなくてもデータを持ち歩くことができ、移動先のパソコンでUSBを使えば自分の好きな場所で仕事などの作業をすることができます。



バックアップをすることで、データが無くなっても被害を受けにくくしますが、コピーをしているUSBなどが故障や劣化してしまった時には元のデータを取り戻すことができなくなるため、いくつかの場所に複製を行い、劣化する前に定期的に別のUSBやCDに記録をコピーします。



また、複製した物を同じ場所に保管していると火事などの災害が起きた時に一緒に使えなくなってしまうため、別々の場所で保管します。



他にも他人にデータを取られないように記憶媒体を持ち歩くときや保管するときには注意をし、第三者に見られてしまうと問題のある仕事のデータの場合には、USBによるデータの持ち運びができないように企業で対策を行う必要があります。

そして記憶媒体を使うときには、種類によって容量や保存できる期間などが異なるため、複製するデータに適した記憶媒体を選びます。



関連リンク

img-2

バックアップの良い点と注意すること

バックアップとは、パソコンに保存している記録がパソコンの故障やウイルス感染などが理由で消えてしまってもすぐにデータを使えるようにするために、CDやUSBを使用して記録をコピーすることです。ウイルス対策を事前にしたり、パソコンを大切に扱っていても誤って別のデータを上書きしたり、消してしまうこともあるので、バックアップは必要です。...

more
img-3

バックアップの大切さを知る情報管理研修

ビジネスの現場では、パソコンを使いこなすことが仕事のスキルの一つとなっています。パソコンはビジネスマンにとって重要なツールとなり、パソコン無しでは書類作成やスタッフ同士のメール交換などを十分にこなすことができません。...

more